About

Home / About

ごあいさつ

agricouture(アグリクチュール)として、伊藤志歩がおこなっていた仕事や活動などをまとめました。
よろしければ、ご覧ください。


プロフィール

カメラマンとして広告会社に勤務していたが、写真の作品撮りの旅をする為に退社。

フランスや日本各地を旅をしながら写真を撮る中で体験をした約半年間の“山小屋生活”により、自然の中で生きることの心地よさに心を奪われる。

自然に近い暮らしを実践するために農家になろうと思い、日本の農業の状態を調べたところ「生産者と消費者の乖離の問題」があることを知り、その問題解決を志すようになる。

問題解決の手法として、 当時(1999年ごろ)普及し始めていた、 インターネットの可能性を感じ、学校で勉強を始める。

東京のwebプロダクションで、ウェブディレクターとして勤務した後、 千葉の農村に移住し、地元の有機野菜の通販会社でインターネット担当として働きながら、 農村の現実を自らの目で見る機会を得る 。

「もっと、お客さんと農家さんの心を通わすことの出来る仕組みを作りたい 」 という気持ちから、 2007年に 起業し株式会社アグリクチュールを設立し、 有機農家の産直を仲介をするウェブサイト 「やさい暮らし」を立ち上げる。

2009年より神奈川県で、 畑と田んぼを借りて自給自足の生活をスタートさせる。

しばらくの間、自然に触れつつサスティナブルな暮らしをしていたが、「人間という自然の可能性」を探求するため、準備を開始する。


沿革

2000年

東京のwebプロダクションで働く

2004年

農村に移住し、有機野菜のnet宅配の仕事をする

2006年

フリーランスのWebディレクターになる

2007年

東京都渋谷区に、株式会社アグリクチュール設立

2007年

東京朝市・アースデーマーケット実行委員就任

2007年

野菜のショッピングウェブサイト「やさい暮らし」オープン

2007年

エコプロダクツ展出展

2008年

やさい暮らし交流会実施

2008年

本「畑のある生活」出版

2009年

本「やさい暮らしを、はじめませんか。」出版

2009年

事務所を,南足柄に移転

2009年

畑・田んぼ・みかん山を借り、自給自足の暮らしを始める

2010年

株式会社アグリクチュール解散

2012年

パーマカルチャーなどのエコカルチャーが盛んな、神奈川県藤野に転居

2013年

イギリスのFINDHORNで、ESALEN BODYWORKの資格を取る